1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 製品マメ知識
  4. 防錆剤の水置換性ってなに??

STAFF BLOG

スタッフブログ

製品マメ知識

防錆剤の水置換性ってなに??

2021.04.23

ユーザー様からお問い合わせがありました。
「水置換性ってなに? CP-10は水置換性?」

回答)
水置換性とは、ワーク表面にわずかに付着した水を押しのけてワーク表面を油剤が覆う現象です。


【水置換性イメージ】

ワークの加工液や洗浄液が水系(水溶性)の場合があります。

その後の防錆工程で、ワークの表面に残った水分(加工液もしくは洗浄液)の上から油性防錆剤が覆ってしまう(防錆油で水分が閉じ込められてしまう)とその部分が錆発生のきっかけとなり、防錆剤としての役割を果たせません。そのため上図のように、水分の下に「割り込む」性能が必要となってきます。
CP-10を代表とする当社油性防錆剤のほとんどが水置換性を持っており、水置換型防錆剤とも呼ばれます。

水置換によりワーク表面は防錆油で覆われましたが、押しのけられた水分は防錆油の中に残ります。油槽で防錆剤を使用する場合には、使用が進むと槽内の水分が多くなり防錆油剤は汚れていくため、定期的な防錆油剤の交換をするといった注意が必要です。

「割り込み」という言葉はあまりよい印象ではありませんが、割り込みをすることで仕事を成し遂げる油性防錆剤のお話でした。

スタッフブログ

まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら