1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 製品マメ知識
  4. 製品マメ知識 KC-12とKC-12A

STAFF BLOG

スタッフブログ

製品マメ知識

製品マメ知識 KC-12とKC-12A

2020.02.19

KC-12KC-12Aはどう違うの?
KC-12で銅系ワークを処理できるの?

回答)まずは「違い」についてです。
KC-12は鉄系用、KC-12Aは銅系用(鉄系も可)と材質によって使い分けをお願いしています。

次に「KC-12で銅系ワークを処理できるか?」についてです。
真鍮をKC-12で処理して表面がくすんでしまった例があります。
同じユーザー様でKC-12Aを試していただいたところ、きれいに仕上がりました。

処方設計の観点から、それぞれの材質に合わせて「錆落とし性能」と「変色防止性能」のバランスが取られております。
そのため目的外の金属に使用すると、それらの性能が十分に発揮されないことがあります。

さらに目的外の材質を処理したことにより、その除去物(錆)が普段存在しない不純物として錆取り剤の液中に入り込みます。
そのことが原因で本来の専用材質の錆取りをする際に、液の寿命が短くなるなどの新たな不具合となることがあります。

木材加工用ノコギリは木を切るため、金属加工用ノコギリは金属を切るために使い分けます。
木工用で一時的に金属を切ってしまうと、木に戻した時に新たな不具合が出ることが想像できます。
同じようにKC-12とKC-12Aもそれぞれの目的にあわせて作られており、使い分けていただくことをおすすめしています。

スタッフブログ

まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら