1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 製品マメ知識
  4. 錆取りの中和剤 メカヒビター#325

STAFF BLOG

スタッフブログ

製品マメ知識

錆取りの中和剤 メカヒビター#325

2021.11.11

KC-12BR-36と一緒に「メカヒビター#325」を紹介されたけど、これ何?
という質問をよく受けます。

回答)

リン酸を含む酸性の錆取り剤で錆を落とした後、後処理としての鉄ワーク表面に使う水溶性防錆剤です。
『中和』という言葉を使っていますが、ワーク表面に残った(かもしれない)酸の中和を目的としており、劣化した(使用済みの)錆取り剤廃液の中和剤ではありません。

酸性の錆取り剤を使うと、「腐食しやすい材料」「処理後の水洗い時間と温度」など条件によっては、水洗直後に再び錆が発生することがあります。
ワーク表面はツルツルに見えても実は凹凸があり、その隙間や穴に酸が残留していることがあり、それをきっかけに再度錆が出てしまうようです。

そこで、メカヒビター#325を使用し酸性に傾いたワーク表面を中和することで、再錆化を防ぎます。

錆取り 変色 腐食 中和
<使用例>

錆びやすい材質の場合は、①酸による錆除去⇒②水洗⇒③メカヒビター#325に浸漬の3工程をお勧めします。
①の後、メカヒビター#325で水洗して(②+③)しまう方法も効果的です。

メカヒビター#325は、KC-12等の錆取り剤での処理後の鉄ワーク表面をきれいに保つことを目的とした製品であり、また薄めて(約20~50倍希釈)使うことができ、経済的な製品です。
錆取りから錆止めに関する工程でお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください

スタッフブログ

まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら