1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 製品マメ知識
  4. 製品マメ知識 防錆剤の違い

STAFF BLOG

スタッフブログ

製品マメ知識

製品マメ知識 防錆剤の違い

2020.04.30

当社では、水溶性防錆剤と油性防錆剤を扱っておりますが、どういった違いがあるの?といったご質問を受けることがあります。

回答)
水溶性防錆剤は、短期の防錆を目的に。
油性防錆剤は、長期の防錆を目的に開発されています。

そもそも防錆剤とは、金属表面の錆を防ぐ目的で開発されています。
では、そもそも錆はなぜ発生するのでしょうか? 今回は金属の中でも鉄を例に説明をします。
鉄は、鉄のままでいることを嫌い、酸素と反応しようとします。
さらに水分がそこに入り込むことで、その反応が加速されます。
その鉄の状態を酸化鉄といい、私たちのよく見る錆(金属表面が茶色くなっている状態)となります。
そんな錆を発生させないために、水溶性・油性ともに防錆剤は金属表面に膜を張り、水分や酸素との接触を避ける働きをします。

さて本題にもどりますが、
水溶性防錆剤は、短期の防錆向けであり、除去が容易(水で流すことで、防錆剤を除去できます)であり、工程間での防錆を目的に開発されています。
また水に希釈できるので、比較的経済的であることが製品の特長の一つとなります。
逆に油性防錆剤は、長期の防錆が可能ですが、水溶性と比べて除去が手間であること(脱脂洗浄剤の使用をお願いしております)が多いです。
お客様間の金属部品・金型の移動や数か月の保管が必要な際に使用することをおすすめしております。

お客様の必要性に合わせた製品の選択をお願いします。

スタッフブログ

まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら まずは、サンプルをお試しください。日本メカケミカルの化学薬品類は、購入前にすべてサンプルとして試験していただけます。お客様の実際の使用用途・目的・求める効果によって、豊富な知識を持ったスタッフが最適な製品をお勧めさせていただきます。まずはサンプルを使用して、日本メカケミカルの製品の性能をお知りください。サンプル請求はこちら